So-net無料ブログ作成

海外ヴィンテージでの生活 [ブドウ栽培とワイン醸造について]

タスマニアに到着して、
一週間が経ちました[ダッシュ(走り出すさま)]

6年目を迎える今年の海外ヴィンテージ[飛行機]

まさかここまで続けられるとは
思っていませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

体力的に、やはり一年に二回仕込みをするのは、
残念ながら、歳を取るごとに
難しくなっていくだろうと
感じているからです[たらーっ(汗)]

それでも、経験とは有難いもので、
どうしたら、早く生活や、仕事に慣れるか、
今では分かるようになってきました[ひらめき]

到着して何日かは、
ジョギングで体力作りをします[晴れ]

海外ヴィンテージの場合、
現地の、海外からの醸造家たちと、
大抵シェアハウスします[家]

このとき、食事は、できるだけ、彼らが食べている
ものと近いものを食べるようにしています[レストラン]

これは、彼らとチームを組んで
仕事をしていくための、
私なりのコツでもあります(笑)

私は、醸造家としては、
女性である上に、体が小さく、
醸造家ぽくない上、
日本でワインを造っていることを知らない
海外醸造家がほとんどなので、
最初に浮かないようにしなくては(笑)

慣れてきたら、もちろん
お寿司と甲州で、文化交流します(笑)

ヴィンテージで訪れると、
なかなか観光したり、
美味しいものを食べたりと
いう時間が無いので、
「またゆっくり旅行で来よう[るんるん]
と思うのですが…笑

さて、一週間に渡った訓練
(酸素マスクなど笑)と、
ペーパーテスト、
ワイナリーの清掃が終わり、
いよいよ今週から、仕込みが始まります[晴れ]

ワイナリーの清掃をしながら、
少しずつ機械や機材にもなれてきました[かわいい]

清掃をしている時、こうやって
また、今年もワイン造りに携わることが
できる喜びを噛みしめました[ぴかぴか(新しい)]

「ワイナリーを清潔に保つ」
麻井宇介先生の教えを受け継ぐ
グレイスワインの醸造家である限り、
いつも、ワイナリー清掃は、
一年の恵みに対峙する幸せと、
ワイン造りへのひたむきな想いを
呼び覚ましてくれます[ぴかぴか(新しい)]