So-net無料ブログ作成
グレイスワインリリース情報 ブログトップ
前の10件 | -

キュヴェ三澤 2015 [グレイスワインリリース情報]

寒さが日に日に増す明野です[ダッシュ(走り出すさま)]

カベルネソーヴィニヨンは、
まだ発酵中ですが、
ようやく少し落ち着いた日々…[ダッシュ(走り出すさま)]

そして、一昨日
「キュヴェ三澤 白2015」
「キュヴェ三澤 赤2015」
リリースいたしました[ぴかぴか(新しい)]

勝沼のワインサロンにて
販売を開始いたしました[ぴかぴか(新しい)]

瓶詰め後に1年の瓶熟成
を行った白(シャルドネ)は、
テクスチャーが印象的。
エレガントかつ芯の強さを
感じて頂けるかと思っております[ぴかぴか(新しい)]

赤は、糖度26度まであがった
カベルネソーヴィニヨン[かわいい]
まだまだかたいですが、
ポテンシャルを感じる一本に
仕上がっています[ぴかぴか(新しい)]

魂の一本をお楽しみ頂けましたら
幸いです。
キュヴェ三澤 2015.jpg

Grace Extra Brut 2012 [グレイスワインリリース情報]

昨日、最後のカベルネソービニヨンの
圧搾を終え…
長かった今年の醸造期
ふっと緊張が解けたのか、
圧搾が終わった直後、
熱が出ました(笑)
一年に1度ひくかひかないかの
風邪…[たらーっ(汗)]
こんなことあるんですね[あせあせ(飛び散る汗)]
今週は少し気温があったかそうなので、
すぐ治しますね[ぴかぴか(新しい)]
季節柄、皆様も
お身体ご自愛くださいね[ダッシュ(走り出すさま)]


さてさて、12月です[exclamation×2]
明野町自社農園産シャルドネを
瓶内二次発酵させた
"Grace Extra brut 2012"
発売になりました[ぴかぴか(新しい)]
extra brut 2012.JPG


お日様に恵まれた
ヴィンテージの
特徴がよく出ており、
シャープな2011よりも、
ふくよかな印象となっております…


ワイナリーでも販売しております[ぴかぴか(新しい)]
冬のパーティーシーズンにお使い頂けたら
嬉しいのですが、
熟成にも応えてくれる
スパークリングワインですので、
是非しばらくしてから
お愉しみ頂きたいです[ぴかぴか(新しい)]


この場をお借りして…
皆さまにご案内がございます。

誠に勝手ながら、12月29日より、
明野のミサワワイナリー売店を
冬季休業とさせて頂きます。。

勝沼のグレイスワインサロンは、
年末年始(12月29日~1月3日)
を除き、営業しておりますので、
ワインをお求めの方は、
勝沼まで、御足労頂きますよう、
お願い申し上げます。。

Serena甲州2016 発売になりました! [グレイスワインリリース情報]

「Serena(セレナ)甲州 2016」
新酒が発売になりました[ぴかぴか(新しい)]

今年の恵みを
いち早くお届けする新酒[かわいい]

グレイスらしい
爽やかな辛口に
仕上がっています[ぴかぴか(新しい)]


恐縮ではございますが、
今年より、新酒の赤、
SerenaマスカットベイリーAは
お造りしていません。。

これまで、少しだけ無理して
11月3日の解禁日に合わせるため
熟成しない赤ワインを造ってきました…

人気ワインを造らないと決めるのは
ちょっとだけ勇気がいりましたが、
やはり目指す方向と
少し異なってきたため、
生産終了とさせて頂きました…

それなので、新酒は甲州の
1種類のみとさなっております...
何卒ご理解頂けますと幸いです…

「Serena甲州 2016」
どうぞお試しください[ぴかぴか(新しい)]
セレナ甲州2016.jpg

お手頃ですが… [グレイスワインリリース情報]

今年は、日本一の日照時間を
誇る明野でも、
晴天を祈るように待ちながら
収穫、仕込み作業に
追われる毎日です[晴れ]

体力的にも精神的にも
1時間と横になる時間も無いほど
追い込まれますが、
それでもワインのことだけを
考える毎日、
やっぱりワイン造りが好き、
幸せだなと思います。


さて、さて、今日は…
「グリド甲州」ファンの皆様、
ご報告です!!

先月、香港で行われた
ワイン雑誌デカンタが主催する
「デカンタ・アジア・ワイン・アワード
2016」にて、
「グリド甲州 2015」が、
白ワイン単一品種の部門にて
インターナショナルトロフィー(最高賞)を
頂きました[ぴかぴか(新しい)]
http://www.decanter.com/dawa/dawa-highlights-dawa/decanter-asia-wine-awards-2016-results-333301/


Webのトップには
他の白ワイン品種を抑えた
甲州の名が堂々と書かれています・・・
“See all the winners of this year's
Decanter Asia Wine Awards,
including more than 140 medals for Chinese wines,
a platinum best in show prize for Japanese Koshu
and strong performances from Australia, France
and several other wine producing countries.”



「デカンタ・アジア・
ワイン・アワード」は、
世界最大のワインコンクール
「デカンタ・ワールド・ワイン・アワード」が
アジア市場をターゲットにしたコンクール。
近年、台頭する中国産ワイン、中国市場の
流れを感じずにはいられません[ダッシュ(走り出すさま)]


頑張ろうって思います。


「グリド甲州 2015」は
グレイスワインのラインナップの中でも
最も価格がお求めやすく、
弊社のオンラインショップでも
お取扱いがございますので、
気軽にお試し頂けたら嬉しいです[左斜め下]
http://wine.jp/grace/products/list.php?category_id=9


「グリド甲州」は、ここ数年で
最もスタイルが変化した
グレイスワインです…
koshu_06.jpg


田舎風の味わいから、
洗練されたスタイルへ、
何だか寂しいと笑いながらも、
その中でも、ずっとこのワインを
ご支持くださるお客様がいます…
ありがとうございます…

グリド甲州に限らず、
市場が追い求めるものでは無く、
造りたいものを造り、その
造られたワインを飲んで
ご理解頂けたり、評価頂けるのは
幸せなことなのだと
改めて感じた受賞でした。

キュヴェ三澤 赤 2014が発売になりました! [グレイスワインリリース情報]

段々と秋が深まっていくのを
感じています[ぴかぴか(新しい)]

明野のミサワワイナリーでは、
「キュヴェ三澤 赤 2014」
「グレイス カベルネソービニヨン
2014」
「グレイス カベルネフラン 2014」
発売になりました[exclamation]
2014ヴィンテージ.jpg

2014年の赤は、全体的に
ピュアなスタイルに
仕上がりました[ぴかぴか(新しい)]

中でも、「キュヴェ三澤 赤」は
力強い2013年に比べると、
涼しかった2014年を反映するような
ヴィンテージの差や、

品種もカベルネフランが入ったことで、
よりエレガントに感じて頂けるのではと
思っております。

8月に瓶詰をしたばかりなので、
まとまりがでるまでに、
もう少し時間はかかると思います…

どうぞ美味しく召し上がって
頂けますように...


三澤農場では、
晴天の恵みに感謝して
メルロの収穫の真っ最中です[晴れ]


深夜には、よルモンタージュ。
攪拌作業を行っています[夜]
ポンプ.jpg


体力、気力、まだまだ
これから...
夜、酵母が静かに沸き始めているのを
見て、私も頑張ろうって思います。
発酵始まり.jpg


今年は、アルゼンチンの
カテナサパタワイナリー、

オーストラリアのヤライエリング
ワイナリーから醸造家が
ヴィンテージに来てくれました[exclamation]

晴れた日のお昼休み、
みんなでサッカー[サッカー]

気の張る毎日の、幸せな
ひとときでした[ぴかぴか(新しい)]
サッカー.jpg


甲州も、段々と熟して
来ましたよ[かわいい]
甲州2016.jpg

スタッフが一文字ずつ書いてくれた…
前進あるのみ "Ever Onward"
後悔しないよう、
醸造期を進むしかない。
心に響くワインを、造りたい。
寄せ書き.jpg

「キュヴェ三澤 明野甲州2015」発売です! [グレイスワインリリース情報]

「キュヴェ三澤 明野甲州2015」
発売になりました[ぴかぴか(新しい)]

明野のミサワワイナリーでも
好評発売中です[晴れ]

「キュヴェ三澤 明野甲州」、
今年も、標高の高さに由来する
しっかりとした酸と、
糖度20度以上のブドウからの
アルコール ( 11.9%)のバランスが良く
凝縮感が感じられます...

世界最大のワインコンクール
「デキャンタ・ワールド
ワイン・アワード 2016」でも
95点をマーク、金賞を受賞した白[ぴかぴか(新しい)]


2014年産は、
冷涼なヴィンテージを表現する
酸の高さ(8g/L) が特徴の一つでしたが、

やはり15年産も同様に
「キュヴェ三澤 明野甲州」は
熟成に耐えられるような
しっかりした酸を持っています。

皆様が思い浮かべる甲州とは、恐らく
一線を画していますので、
「熟成を待たずに今、飲みたい!!」
という方は、驚いてしまうかも[ぴかぴか(新しい)]
でも、是非驚いて頂きたいです...
甲州って、まだまだ伸びしろのある
品種だと思うので..


「キュヴェ三澤」シリーズは、
横置きの箱を使い、
業者様へはお送りしております...
キュヴェ三澤 明野甲州.JPG


ミサワワイナリーでは、先月末より
三澤農場産シャルドネを醸した
「キュヴェ三澤 白 2014」も
発売しております[ぴかぴか(新しい)]


心を込めて造る
「キュヴェ三澤 白 2014」
ラベルも、スタッフの鶴田さんの
手貼りです[exclamation]
キュヴェ三澤白.JPG


プラチナ賞を受賞しました
「Grace Extra Brut 2011」は
完売しておりますが、

セカンドの
瓶内二次発酵スパークリング
「Serena Chardonnay
Traditional Method」

そして、ワイナリー限定で
販売しているのが、
北海道余市の木村農場産
ピノノワールを使い、
瓶内二次発酵後、
36か月の瓶内熟成を行った
ブランドノワール[exclamation]
生産本数318本です[ぴかぴか(新しい)]
ブランドノワール.JPG


今日もワイナリーでお待ちしていますね[ぴかぴか(新しい)]

今できること [グレイスワインリリース情報]

イギリスのEU離脱…
取材インタビューを受けることも
たびたびの毎日です[ダッシュ(走り出すさま)]

私自身も驚きました[exclamation]が、
早速、イギリスにグレイスワインを
輸入するディストリビューターが
ワイナリーを訪ねてくださいました[ぴかぴか(新しい)]
Hallgarten.jpg

そして、今朝は、ロンドンの
インポーターの本社から
"Keep calm and carry on "
という強いメッセージとともに、
これまで通り、最高のサービスと
ワインを提供していくと
決意が書かれていました…

私たちにとって、
海外のディストリビューターは
パートナーであり、
グレイスワインの海外における
アンバサダーでもあるのです。

やってみないと分からない、
ここまで頑張ってきたのだから、
どうなるか分からない経済に
負けてはいけない、
為替の変動にもびくともしない
ワインを造っていかなくては
と気持ちが引き締まりました[ぴかぴか(新しい)]

福岡、広島へ [グレイスワインリリース情報]

福岡、広島へ行ってまいりました[飛行機]

まずは、大丸天神店の中にある
「エノテカ」さま主催による
ワインセミナーを開催いたしました[ペン]
福岡1.JPG
福岡2.JPG

日本ワインに興味を
持ってくださっている方、
グレイスワインのことを
御存知の方、
山梨ご出身の方など
遠く離れた福岡でも
熱心に聞いてくださり、
嬉しかったです[ぴかぴか(新しい)]


そして、福岡でのメーカーズランチ[ぴかぴか(新しい)]
福岡の業界の方々が
美味しいフレンチと口を揃える
「デフィ・ジョルジュ・マルソー」さまにて...
福岡3.JPG
福岡4.JPG
福岡5.JPG
福岡6.JPG
福岡7.JPG


コンラッド東京のヘッドソムリエ
森さんも応援に来てくださいました[ぴかぴか(新しい)]
ジョルジュマルソー森さん.JPG

お越しいただいた皆様、
グレイスワインに合わせて
素晴らしいお料理を作ってくださった
小西料理長、松岡シェフ、
デフィ・ジョルジュマルソーの
スタッフの皆様
ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]
福岡8.JPG


そして、福岡で二日間
アテンドしてくださった
エノテカの一丸さん、
ご協力いただいた皆様
ありがとうございました[exclamation]
最後、感謝の気持ちを込めて
サプライズで、
グレートヴィンテージに
一樽のみ造る
「キュヴェ三澤 赤
プライベートリザーブ 2012」
のマグナムを初めて
提供させて頂きました[ぴかぴか(新しい)]


そして、広島へ…[新幹線]

広島の日本ワインの先駆け
「酒商 山田」さま主催で
セミナーを開催させて頂き、

夜は、日本ワインを取り揃えて
いらっしゃる「真乃和」さまにて、
懇親会[レストラン]
広島1.JPG
広島2.JPG


セミナーにお越しくださった皆様、
酒商山田の山田社長、
平田さん、スタッフの皆様、
ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]
広島3.JPG


何年ぶりかに訪ねた広島でしたが、
いいところですね...

海が見えて、広島市も
100万人都市でありながら
大き過ぎず、
街はトラムが走ります[電車]
いつかプライベートでも
お伺いしたいなと思いました[ぴかぴか(新しい)]


福岡、広島で
お世話になった皆様
ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]

心もブレンドする…キュヴェ三澤 2014 [グレイスワインリリース情報]

「Grace Extra Brut 2011 」に関しまして
多くのお問い合わせを頂きまして
ありがとうございます。

完売しておりまして、
申し訳ございません。

「Grace Extra Brut 2012」は
12月に発売を予定しております。
どうぞよろしくお願いいたします。


そして、現在、樽内で貯蔵中の
2014年ヴィンテージの赤。
アッサンブラージュ2014-4.jpg


「キュヴェ三澤」
「グレイス メルロ」
「グレイス カベルネソービニヨン」
「グレイス カベルネフラン」
アッサンブラージュを行いました[ぴかぴか(新しい)]
アッサンブラージュ2014-5.JPG


アッサンブラージュをするとき、
2014年にタイムスリップする気持ちに
なります…

2014年は、決して簡単な年では
ありませんでしたが、
とても気に入ったメリタージュが
できました[exclamation]

心もブレンドした「キュヴェ三澤 赤 2014」
発売は、秋以降を予定しております。
どうぞ楽しみにお待ちください[ぴかぴか(新しい)]


アッサンブラージュを待ってくれたのは
新米醸造家の吉沢くんだけではなく…
まだ終わらないかな??
アッサンブラージュ2014-2.JPG

ZZZ...ワイナリー犬のコウシュウ[犬]
アッサンブラージュ2014-3.JPG

実力主義でいい [グレイスワインリリース情報]

世界最大規模のワインコンクール
「デキャンタ・ワールド・
ワイン・アワード ( DWWA) 2016」

「Grace Extra Brut 2011 」が96点を獲得、
スパークリングワイン部門において
アジア初となる金賞を受賞しました...

さらに、金賞の中より選ばれ、
プラチナ賞を受賞、
アジアの最高峰に輝きました...

いまだに信じられない思いでいます。


垣根栽培で育て、補糖、補酸に頼ることなく
造った「キュヴェ三澤 明野甲州2013」が
日本ワインとして初めて
このDWWAで金賞を受賞した際、
あり難く多くの取材を受けました...

「次なる目標は何ですか?
国際品種での受賞を狙いますか?」
という質問も少なくはありませんでした...

そのたびに、DWWAではそんなに簡単には
いかないという気持ちになりました...

金賞が与えられるのは、例年、
エントリー数の約2%に留まり、
プラチナ賞にいたっては、
全体の約1%にも与えられないのです...


特にスパークリングワイン部門は、
テタンジェのプレステージである
コントドシャンパーニュ、
ボランジェのラ・グランダネなどの名門が
金賞に名を連ねる関門...

ヨーロッパのスパークリングワインが、
金賞受賞の80%を占めることから
見られるように、シャンパーニュ
という産地への強い信頼が、
他を寄せ付けないのです...

DWWAは、今年16000点を超える
エントリー数があり、近年世界最大の
ワインコンクールとして注目されています...

また、審査も厳しいことでも
知られており、審査委員長は、
カリフォルニアワインを一躍有名にさせた
「パリスの審判」スティーブン・スパリエ氏、
副審査委員長は、世界最優秀ソムリエの
ジェラール・バッセ氏が務め、
審査員もマスターオブワインや、
マスターソムリエなどで構成されています...

同コンクールでは、
「Grace Extra Brut 2011」の他、
「グレイス甲州 プライベートリザーブ2015」
「キュヴェ三澤 明野甲州2015」も95点を
獲得し、白ワイン部門において、それぞれ
プラチナ賞、金賞を受賞しています...

DWWAにおけるグレイスワインの金賞、
アジア最高賞の受賞は、
3年連続となりました...

“It is a great day
for Yamanashi and Japanese wine”
審査員を務めた一人から
頂いたメールです。

アジアに甲州あり、しかし日本ワインは
甲州だけではないのだと、
世界に知って頂けたのででしょうか…

「Grace Extra Brut 2011 」は、
明野町にある自社農園で育てたシャルドネを、
ホールバンチプレス後、
一番搾り果汁を樽発酵させ、
ベースワインを醸造します...

その後、シャンパンと同じ
瓶内二次発酵を行ったブランドブランです。

3年間の瓶内熟成を経て、
動瓶は手作業で行っています。

2008年、初めて「Grace Extra Brut」を
造った時から、熟成に耐えられるような
本格的なスパークリングワインを
造りたいと思っていました...

タスマニアやシャンパーニュで研修を重ね、
スタッフと知恵を絞りながら、
細かくきれいな泡となるように、
二次発酵を工夫してきた日々は、
瓶内二次発酵の神秘に
魅せられたとても楽しい時間でした...

その一方で、技術を追求すればするほど、
ベースワインが良いことが
何よりも大切であることも感じました。

DWWAを通して、山梨という産地、甲州、
日本ワインの存在を知って頂いたように、
DWWAで結果を残すことは、
海外でグレイスワインを扱ってくださる
インポーターにとって重要です。

それでも、コンクールのために、
ワインを造ることは、
今までもこれからも一度もありません。

グレイスワインの味わいを守ること、
愛する故郷山梨の風景をワインに写すこと、
本物であること。

それがグレイスワインの醸造家だと胸に刻み、
これまで以上にグレイスワインのワイン造りに
共感してくださり、応援してくださる方々に
感謝をしながら、試練を厭わず、
この道を究めていきたいと思っております...


WANDSでも早速掲載を
頂きました[ぴかぴか(新しい)]
http://wandsmagazine.jp/archives/1601


記者会見の発表を読み、
泣いてしまいました…

父は「彩奈の造ったワインだから」
とすぐ言います。

でも、私は、父のおかげで
ワインを造ることが
できている一人の技術者にすぎない...
父に花を持たせたかったのに。

父に感謝、スタッフに感謝...
そして、嫌な顔一つせず、
収穫に来てくださる近所の
おばちゃんたちにも...

traditional_m.jpg
前の10件 | - グレイスワインリリース情報 ブログトップ
メッセージを送る