So-net無料ブログ作成
レストラン ブログトップ

3年越しの。 [レストラン]

グレイスワインも、4日から新年が始まりました!新年早々、会社に足を運んでくださったお客様、ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします!!

山梨ワイン業界の溜まり場と言えば、「カフェラトウーシェ」でした。
惜しまれつつ去年閉店してしまったのですが、元オーナー兼ソムリエの天野さんは、今、スローフード協会の山梨代表として、県産ワインや、県の特産品に力を入れています。
http://www.slowfood-koshu.net/

そんな天野さんが、渋谷のパルコで、山梨良品フェアをしていると連絡をもらったので、応援(邪魔?)しに行って来ました!

場所はパルコ1の8階です!
印伝(鹿の皮をなめし、漆で飾った山梨の工芸品)や、織物(富士吉田が有名です)、和紙(だいぶ少なくなりましたが、中富や、市川大門では生産されています)、山梨の水晶を使ったアクセサリー(水晶の研磨や、貴金属の宝飾の生産は、国内の7割を占めると言われています)などが販売されていました。

中には、一億円のダイヤモンド・鉄腕アトムが展示してあり、みなさん行列で写真を撮っていました(笑)

もちろん!!山梨の食材を使ったランチや、おつまみも、県産ワインと楽しむ事が出来ます。
グレイスからは、既に完売のグリド甲州や、グレイス甲州菱山畑などもグラスから飲めますので、良かったらぜひ足を運んでみてくださいね[るんるん]
天野さんは、狩りをするのですが、天野さんが打った雉や鴨もジビエとして楽しむ事が出来ますので、ぜひオーダーしてみてください[ぴかぴか(新しい)]


そして、ひさびさに東京の和食を楽しんできました!

もう3年以上前のことになるのですが、以前ワインスペクテーターの取材に通訳として同行したときに、初めて伺ったのが分けとく山。
「ワインが飲める和食レストラン」ということで、小笠原結花さんの下調べのもと、10件くらいご一緒したのですが、もう一度プライベートで行ってみたいと感じたのは、「小十」と「分けとく山」でした。

実は、このとき、ワインスペクテーターの取材に訪れていたのが、キレイで聡明なジェニーでした。
去年、アジア初のマスターオブワインとなり、彼女の本拠地香港ならずとも、ワイン業界の話題騒然になりましたよね!!
私自身、そんな風に素敵に知り合った方が、アジア最初のマスターオブワインになったということで、とっても嬉しいニュースでした。

話は戻るのですが、父が小十の奥田店主と親しかったので、その後も小十を訪れる機会には恵まれましたが、分けとく山はチャンスを逃していました。

今回は、栄養士の資格も持つ、料理大好き・フェルミエの犬田ゆりちゃんと、分けとく山を一緒しました。

突き出しは、すっぽんの鍋でした。小さな土鍋を一つ一つ火にかけていました。紅白の白玉が入っていて、お正月らしいお食事です。
鍋.jpg


かわいい船の中身も、おめでたい新春が詰まっていました。
船.jpg

お椀は白子焼き。繊細でした。
お椀.jpg

お刺身です。冬はお魚が美味しいですよね!寒ぶりが贅沢な厚さでした。
お刺身.jpg


磯好きなゆりちゃんのテンションが上がっていました(笑)あわびを肝のソースであえた物。
くわいも美味しく頂きました。奥手にあるのは、おまんじゅうで、肉まんの生地のような味で、蒸したものということでした。野菜も、おまんじゅうもソースをからめて食べるのがおすすめだそうです。
あわび.jpg


玉手箱のような中身。思わず甲州が欲しくなる品々でした。
おべんとう.jpg


天ぷらは、初物という筍と、ホタテ(あんきもが挟んでありました)、えびでした。筍は、とても甘みがありました。
えびは、あられで揚げてあり、食感がまたお正月らしい感じです。
天ぷら.jpg


ご飯は蟹ご飯でした。お腹はいっぱいでしたが、あまりにも美味しくて、おこげまで食べました。
日本人でよかったです(笑)
ご飯.jpg


デザートです。味も美味しいですが、椿の葉も趣深いです。
若草.jpg


評判は様々と聞きましたが、私は、少し余裕を残しつつ・・それでいて王道という、この感じが好きです。
寒い中、わざわざ外まで見送りに出てくださる野崎店主の人柄も伝わり、温かい気持ちになりました。
小十の奥田店主も素晴らしいお人柄なのですが、やはり、私はお料理をもてなしてくださる方の人柄も、すごく大切なような気がします。

ただ、私はこの日はシャンパンを選んだのですが、「シャンパンは何でも合う」とこれまで思っていた事が、覆されてしまいました。
どうしても、シャンパンのイースト香や、酸化的な香りが気になってしまい、途中から和食のイメージとは結びつかなくなってしまいました。
横に添えられた日本のハーブやみつば、磯の香りも、シャンパンからは程遠く、“もしこれがマーケテイングで日本人のほうが踊らされているのなら、寂しい事”と感じてしまいました。

・・・そう言えば、ゆりちゃんも気づいたときには、焼酎に移っていました(笑)



レストラン彩のとっておき・・・ [レストラン]

昨夜、ワイナリーに隣接している「レストラン彩」に、突然デイナーのお客様がいらっしゃいました。
通常、レストラン彩はランチのみの営業ですが、材料などがあれば、出来る限り、突然のデイナーのお客様にも、対応いたします。(もちろん、事前にご予約を承れば、確実にご案内できます!)

そのお客様から嬉しい?声。
「こんなに、ワインもお料理も美味しくて、コンセプトもしっかりしているのに、どうしてもっと宣伝しないの?!」

というわけで、早速紹介したいと思います(笑)

レストラン彩のこだわり。

①良い原料
良い食品づくりの会(http://yoisyoku.org/)の食材を使っております。
自家菜園・地元野菜など、地元の食材を使い、地産地消を心がけています。

明野町産のとら豆と、自家製ベーコンのカスレ
カスレ.JPG

日替わりキッシュに自家菜園の野菜のマリネを添えて
キッシュ.JPG

甲州風味の野菜たっぷりほうとう
ほうとう.JPG

日替わりで、野菜を詰めた自家製パンもご好評いただいております。


②ワイナリーレストラン
中央葡萄酒の既に完売してしまった人気ワインや、ここでしか飲めないキュヴェ三澤や、グレイス甲州シリーズのバックヴィンテージなど、グラスワインからお楽しみいただけます[るんるん]
ワインのお供も充実しています[ぴかぴか(新しい)]

手作り・甲州信玄豚のリエット
リエット.JPG

日本最初のナチュラルチーズ専門店・フェルミエ(https://shopping.fermier.fm/)より、おいしいチーズも揃えております。国産のチーズも応援しています!(現在は白糠酪恵舎 の「ロビオーラ」、風の谷ファームの山羊チーズを扱っております)


③アフタヌーンティー
レストラン彩の、テラス席からは、富士山を初め、広大な山々が見渡せます。
お客様にゆったりとした時間を楽しんでいただきたいという思いから、紅茶のラインナップを充実させました。

紅茶は、季節と、茶園にこだわる「リーフルダージリンハウス」より。(http://shop.leafull.co.jp/
社主の山田氏は、毎シーズンごと(お茶は、1年に3度摘まれます)、紅茶の言わば"競り”に出向き、その時その時、一番いい!と感じたお茶を、ロットづつ購入するのだそうです。
リーフルのダージリンは、シーズンだけではなく、農園によってそれぞれ味わいが異なることが特徴です。

レストラン彩では、紅茶と一緒に楽しんでいただく、デザートももちろん手作り。
今は、明野町名産のりんごを使ったアップルパイが、オススメです[グッド(上向き矢印)]
りんごのパイ.JPG

他にもテラス席ではペットも同伴可能です[犬]
冬季休業のため、年内は12月25日までの営業となりますが、何卒ご了承くださいませ。。

皆様のお越しをお待ち申し上げております[かわいい]


レストラン彩 (http://www.misawa-winery.jp/restrant/restrant.html

山梨県北杜市明野町上手11984-1
0551-25-4487
水曜定休日
アクセス http://www.misawa-winery.jp/access/access.html



レストラン ブログトップ
メッセージを送る