So-net無料ブログ作成

FM Fuji [メディア]

シャルドネも残すところ
あと1ロットとなりました…
同じ収穫は二度とないから
後悔しないように
目指すべきものと対峙する毎日です[晴れ]


在宅医療で知られるフレアスの
澤登拓さんのラジオに
出させていただくことになりました[ぴかぴか(新しい)]
http://www.fmfuji.co.jp/topics/687/

いつも素敵な澤登社長には、
グレイスワインともども
日頃よりお世話になっており、
尊敬する山梨ご出身の方[ぴかぴか(新しい)]

東京、山梨でお聞きいただけます[ぴかぴか(新しい)]
どうぞよろしくお願いいたします[ぴかぴか(新しい)]
FM FUJI
「フレアス Presents
山梨元気玉」
2017年9月26日【火】
18:30~18:54

ナイトハーベスト シャルドネ2017 [ブドウ栽培とワイン醸造について]

台風が…ドキドキですね[台風]

昨夜は、ナイトハーベスト(夜間収穫)
にご協力頂いた皆様、
ありがとうございました[exclamation×2]
ナイトハーベスト 収穫.JPG


グレイスワインでは、
全てのワインのブドウを
手摘みで収穫しております[ダッシュ(走り出すさま)]

白ブドウのナイトハーベストは
温度が低い状態で収穫できること、
収穫したそのままの温度で圧搾できることで
酸化を防ぐことができたり、
果実本来の風味を損なわないなどの
利点があります。

搾汁後の果汁[ぴかぴか(新しい)]
ナイトハーベスト 果汁.JPG


作業後は、母がキノコうどんを
振る舞ってくれました[ぴかぴか(新しい)]
ナイトハーベスト おうどん.JPG


母が、自宅から40kmある
ワイナリーに来てくれたのは、
夜中の3時近くでした。

そして、番頭の酒井さんが
来てくれたのも4時[三日月]
準備&お片付けをしてくれました。
ナイトハーベスト 準備片付けありがとう.JPG


長い一日となるのは、
醸造家だけじゃない、

収穫に都心から駆けつけてくれる人、
ご飯を作りに来てくれる人、

チームが収穫や仕込みに専念できるように
後片付けに来てくれる人…

そうやって支えてくださる人たちの
家族もまた、徹夜をしたり
長い一日を過ごしているのかもしれないと
思いました…

感謝の気持ちでいっぱいです[ぴかぴか(新しい)]

スパークリング仕込み始まりました [ブドウ栽培とワイン醸造について]

9月に入り、
すっかり秋の風を感じる今日この頃…

グレイスワインも、スパークリングの
収穫・仕込みを始めました[晴れ]

心配された8月の雨も
8月後半から持ち直し
スパークリングで大切な酸
そして、糖度も良い状態で
収穫できています[ぴかぴか(新しい)]

収穫をお手伝い頂いている皆様
ありがとうございます[かわいい]


先週は、日本ワインコンクールの
表彰式があり、
弟と参加してまいりました[ぴかぴか(新しい)]

弟のワイナリー
「北ワイン ケルナー 2015」

そして、グレイスワインの
「グリド甲州 2016」

ともに金賞を頂きまして、
同じ壇上で表彰頂きました…
日本ワインコンクール2017-2.JPG


13年前、私たちは、
一緒にワインを造ることを夢見て
弟はカリフォルニアに、
私はボルドーへ旅立ちました。

私は3年後、
弟は7年後に帰国したのですが、
状況は少し変わっており、
ワイナリーと家族について
話し合った結果、

弟は北海道で独立、
別々の場所で
別々のワイナリーとして
ワインを造ることになりました…

私たちの幼い頃の遊び場は、
いつも醸造所でした。
遊び相手になってくれたのも、
今まさにグレイスワインの
中枢になってくれている
技術者たちでした…

表彰式の時、ふと眺めると
亡くなった祖父の頃から
勤めてくださっている
番頭の酒井さんの顔が見えました…
心なしか、目が潤んでいるように
見えました…

忙しい祖父や父に代わり、
子供の頃、学校の送り迎えを
してくれたのも酒井さん。
「何かあったら困るから。」と
雪の日は、私と弟を一緒に
車に乗せないように、
往復してくれていました。
私たちは恩返しをしなくてはならないと
いつも思っていました。

日本ワインコンクールの受賞は
お祭りのようなもので、
受賞することよりも
もっと大切なものはあるのですが、
家族経営ワイナリーならではの
想いが詰まった受賞となりました。
日本ワインコンクール2017.jpg


これまで、未熟な私たちを
応援してくださった皆様、
支えてくれたスタッフに
心より感謝いたします。

メッセージを送る