So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

かけがえのない10年間

ワイナリー犬のフェルミを
可愛がってくださった皆様へ…

今朝、ボーダーコリーの
フェルミは天国へと
旅立ちました。

物理好きの父が
敬愛する物理学者の名前から
フェルミと名付けました。

とても賢く、我慢強く
そして優しい子でした…


フェルミが産まれたのは
2007年。

私がフランス、南アフリカ留学から
帰国した年のことでした。

それから10年。

乗り越えなければならないことが
多かった10年間、

一番近くで見守ってくれた
温かい存在でもありました。

醸造期には、夜一緒に
ワイナリーに寝泊まりしながら
フェルミの存在が心の支えとも
なってくれていました。

フェルミを可愛がってくださった
たくさんのお客様、
ありがとうございました。
フェルミと.JPG


Grace Extra Brut 2013 [グレイスワインリリース情報]

あっという間に12月[たらーっ(汗)]
明野も風が刺すように
冷たくなってきました[あせあせ(飛び散る汗)]

12月と言えば、
「Grace Extra Brut 2013」
発売いたしました[ぴかぴか(新しい)]
Extrabrut 2013.jpg


三澤農場産シャルドネを
瓶内二次発酵をさせ、
3年間瓶内で熟成後、
デゴルジュマンを行いました[ダッシュ(走り出すさま)]

収穫してからリリースまで
実に4年…
凛としたたたずまいに
できあがっています[ぴかぴか(新しい)]

少量ではありますが、
勝沼のグレイスワインサロンでも
販売しておりますので
是非お気軽にお訪ねくださいませ[ぴかぴか(新しい)]

キュヴェ三澤 2015 [グレイスワインリリース情報]

寒さが日に日に増す明野です[ダッシュ(走り出すさま)]

カベルネソーヴィニヨンは、
まだ発酵中ですが、
ようやく少し落ち着いた日々…[ダッシュ(走り出すさま)]

そして、一昨日
「キュヴェ三澤 白2015」
「キュヴェ三澤 赤2015」
リリースいたしました[ぴかぴか(新しい)]

勝沼のワインサロンにて
販売を開始いたしました[ぴかぴか(新しい)]

瓶詰め後に1年の瓶熟成
を行った白(シャルドネ)は、
テクスチャーが印象的。
エレガントかつ芯の強さを
感じて頂けるかと思っております[ぴかぴか(新しい)]

赤は、糖度26度まであがった
カベルネソーヴィニヨン[かわいい]
まだまだかたいですが、
ポテンシャルを感じる一本に
仕上がっています[ぴかぴか(新しい)]

魂の一本をお楽しみ頂けましたら
幸いです。
キュヴェ三澤 2015.jpg

食彩の王国 [メディア]

11月18日(土)9時半~
テレビ朝日「食彩の王国」
テーマは日本ワイン[ぴかぴか(新しい)]
http://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/index_top.html

よろしくお願いいたします[TV]

フランスの番組に [メディア]

フランスの国営放送Arteにて、
現在連続放映中の
世界のワインシリーズ[TV]

いよいよその一話に
日本ワインも登場です[ぴかぴか(新しい)]

11月10日(金) 17時35分~
https://www.youtube.com/watch?v=jh4fPZOsVsE

2015年の醸造期に密着でした[ダッシュ(走り出すさま)]
フランスの撮影チームに、
茅ヶ岳に登ってくれと依頼され、
徹夜で登ったり、
浅間神社の収穫祭に行って撮影したり、
懐かしい思い出がいっぱいです。

フランス人は、甲州や
日本のワインをどう思うのかな…


こちらから御覧いただけます[左斜め下]
https://m.youtube.com/watch?v=LRC31oHcluM

選果 [ブドウ栽培とワイン醸造について]

2017年の収穫、仕込みが終了しました[ぴかぴか(新しい)]

お手伝いに参加してくださった皆様
ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]


まだまだ、ルモンタージュや
ピジャージュなどの赤の撹拌作業
澱引きなど
緊張の日々は続きますが、
農場にブドウはもうないので、
お天気とにらめっこの日々は
今年はおしまい[ダッシュ(走り出すさま)]


最後に収穫した
カベルネ・ソーヴィニヨン。
カベルネソーヴィニヨン 2017.jpg


9月の晴天から一転し、
10月末は台風に振り回され、
不安に思った時もありましたが、
最後は、糖度も23度の収穫となり、
納得のいく仕込みができました。
カベルネソーヴィニヨン 2017 選果.jpg


選果作業は、日本人の細やかさが
生きる作業のような気がします。


試験醸造の撹拌作業は
手で…
カベルネソーヴィニヨン 2017 テジャージュ.jpg


収穫が終わると一息、

撹拌作業は深夜も行うので、
ルモンタージュが終わると
やっともう一息、

発酵が終わるとやっと一安心…


終わりなきもの造りです[ダッシュ(走り出すさま)]

家族経営 [ブドウ栽培とワイン醸造について]

三澤農場には、
カベルネ・ソーヴィニヨン[ぴかぴか(新しい)]

醸造や、ブドウの房の手入れ作業に
追われる日々[ダッシュ(走り出すさま)]

そんな中、母が今年も
大活躍してくれています[ぴかぴか(新しい)]

昨日も、母は、農場での手入れ、
選果作業、そして17人分の
社員やお手伝いの方の夜食を作り
40㎞離れた自宅へ帰る頃には
日付が変わっていました…

でも、今日もまた農場で
手入れをする母を発見[exclamation]
手入れ 2017.jpg


母、61歳。
芯の強いひとだと思います。

お天気とにらめっこ [ブドウ栽培とワイン醸造について]

二週連続の台風上陸となりそうな天気予報[台風]

王者の貫禄、カベルネ・ソーヴィニヨン。
何とか持ちこたえてくれますように…
心まで折れてしまわないように、
気持ちを強く、手入れをしながら
熟すのを待つからね。
カベルネ 2017.jpg


そしてそして…
メルロを圧搾しました[ぴかぴか(新しい)]

この色[exclamation×2]
メルロ 2017フリー.JPG


いつまでもマセレーションで
置いておきたくなるような
楽しみな味わいです[ぴかぴか(新しい)]

圧搾作業、好きなんです…
発酵が終わったブドウの滓が
特に満足のいく醸造ができたときは、
すごくいいにおいだから[ぴかぴか(新しい)]

ちょっと良い気持ちになります
ほろ酔いタンクの中…
メルロ2017 圧搾.jpg

カベルネフラン2017をリポート [ブドウ栽培とワイン醸造について]

仕込みもいよいよラストスパートです[ダッシュ(走り出すさま)]

大好きな赤品種、エレガントな
カベルネフランの
2017年仕込み状況リポートです[ぴかぴか(新しい)]
カベルネフラン2017.jpg


毎年、醸造期になると、
グレイスワインではテーマを決め、
醸造所の出入り口には、
テーマの書かれた紙が貼られます[ぴかぴか(新しい)]


今年のテーマは
「同じヴィンテージは
二度と来ない」

栽培チームの小島がふと口にした
言葉で、強く共感しました。

ワインに書かれるヴィンテージは収穫年。
同じ収穫は二度とありません。

それだから、一ミリも後悔を残すことなく
ワインを造らなければならないと思うのです。

今日は雨…

甲州2017をリポート [ブドウ栽培とワイン醸造について]

台風心配ですね…[台風]
熟度を待つと決めたからには
心だけは折れないようにしなくては
と思います[exclamation]

収穫と仕込みができないので、
作業の合間に
2017年の甲州の仕込み状況を
リポートいたします[ぴかぴか(新しい)]


素晴らしい秋晴れの中、
明野甲州の一本目がスタート[ダッシュ(走り出すさま)]
昼夜の寒暖差も、20度以上の気温差に、
糖度も20度を超えました[ぴかぴか(新しい)]
搾った果汁からも十分な
凝縮度が感じられました[ぴかぴか(新しい)]
明野甲州2017.jpg


この想い、届きますように…
前の10件 | -
メッセージを送る